DSC05474
P7170652
浅間石門柱
P7170654
鉄平石の散策路
PB111064
美濃のゴロタ石の散策路
PB111059
バードバス(水鉢)



エクステリア
アイテム
鉄平石、浅間石、美濃ゴロタ石、バードバス(水鉢)、
枕木(ケンパス)、化粧砂利、農業資材 畦シート
ガーデン植栽 【高木〜中低木】
コハウチワカエデ、モミジ(イロハモミジ、ヤマモミジ)、ヤマザクラ 株立ち、ドウダンツツジ、シャクナゲ(アズマシャクナゲ、ハクサンシャクナゲ)、アセビ、アジサイ(クロヒメ、ベニガク、ミナズキ、アナベル)、トウゴクミツバツツジ、ヤマツツジ、ナナカマド、ニシキギ
【山野草・草花】
クジャクシダ、ゼンマイ、レンゲショウマ、ショウメイギク、フシグロセンノウ、キキョウ、オミナエシ、ギボウシ、
クローバー(種)



軽井沢町に別荘をお持ちのお施主様から、外構・植栽のご依頼をうけ行った工事です。

高低差のある広い敷地内に、マスターハウスとゲストハウスが建っています。
10数年前にマスターハウスのお庭を施工しました。
今回はゲストハウスの新築に伴う外構・植栽の施工事例です。
マスターハウスの造園施工と同様に、
お施主様とデザイン担当の上田紀士様(四季の庭づくり 湖・樹・景)と施工担当の丸井造園建設の協力で完成しました。


石丸邸 スケッチ-000
上田紀士様(四季の庭づくり 湖樹景)
スケッチ図
P9011216
完成
門柱は左右1対、浅間石の玉石を野面積みし、曲線に合わせた積み方としました。

ゲストハウス周りの自然散策路は、美濃のゴロタ石を使いました。
内側と外側の動線は、石の面を変えて表情の違った配石としています。

土留め・見切りには、浅間石を用いました。

エントランス兼ロータリーは、枕木を敷き並べ、隙間にクローバー播種しました。


P7300964
枕木の間にクローバー播種 前
PA030197
枕木の間にクローバー播種 後


ゲストハウス周りの植栽は、カエデ類の高木をメインに配置し、その周りには中低木を自然な風合いになるよう配植しました。
エントランスには、花木の株立ちを植栽し、華やかさを演出しました。
道路付近には、柔らかな雰囲気になるよう、ドウダンツツジを列植しました。

マスターハウスにつながる散策路を施工し、日影に強いアジサイ園を配置しました。
軽井沢の森林浴を楽しめるように計画しました。





P8310450
施工前
枕木の門柱を浅間石の門柱に変更します。
P4110385
施工後
門柱は、浅間石の玉石を野面積みし、曲線に合わせた積み方です。
重厚感のある素敵な門構えです。
P8310450
施工前
車の乗り入れが可能な、枕木のエントランスを計画します。
P4110385
施工後
エントランス 兼 ロータリーとして、枕木を敷き並べました。
枕木の隙間にクローバーを播種し、自然な雰囲気のエントランスになりました。
P8310450
施工前
笹で覆われた丘の上に、マスターハウスがあり、敷地内を巡るように散策路を施工します。
P4110385
施工後
高低差があるため、大きな鉄平石を使い、石の階段を施工しました。
P8310450
施工前
既存の高木を生かして、不要な木は伐採します。
P4110385
施工後
散策路は、美濃のゴロタ石を使いました。内側と外側の動線は、石の面を変えて表情の違った配石としていきます。
P8310450
施工後
カエデ類の高木をメインに配置し、その周りには中低木を自然な風合いになるよう配植します。
P4110385
施工後
道路境界は、浅間石土留めとドウダンツツジの列植としました。
P8310450
施工後
エントランスには、花木の株立ちを植栽し、華やかさを演出します。
P4110385
施工後
ウエルカムスペースとして、自然を感じる山野草花壇を設けました。
P8310450
施工後
日影の強い場所には、アジサイ園を配置しました。
アジサイは、クロヒメ、ベニガク、ミナズキ、アナベルを植栽しました。
P4110385
施工後
散策路の途中にある、自然石テラスで一休み。
P8310450
冬の雪景色です。
P4110385
浅間石門柱の施工中です。



設計・デザイン・施工の計画
石丸邸 平面図-000
赤丸印が、今回の施工事例の範囲です。

お庭造りは、施工後もお施主様と良い関係が続いていくことが多いです。
庭木の手入れをしたり、新たな造園計画をしたり、邪魔になった木を伐採したり。

今回の外構・植栽の計画も、お施主様とデザイン担当上田様と施工担当丸井造園建設で協力し、すばらしいお庭が完成しました。


石丸邸 スケッチ-000
丸井造園建設はCADを用いてデザイン・設計していますが、スケッチ図は味わいがありますね。
今回のデザイン担当上田様は他界されましたが、お庭を見るたびに楽しいお庭づくりが思い出されます。