P3100028
最近、枯木や台風による倒木など、伐採のご依頼が増えています。
そこで、伐採の方法で代表的な3種類をご紹介いたします。





チェーンソー伐採

現地直接伐倒による伐採


現地で伐倒ができる環境で実施します。
倒す方向は、周囲の地面の凹凸、障害物の有無、立木の傾き、風の方向などを考慮して決めます。
伐倒作業では、木が割れて跳ねたり、思わぬ方向へ倒れたりすることもあるので、危険を伴います。
プロに任せましょう!
P1120130
P1120133



チェーンソー伐採

クレーン車による伐採


立木を倒すことができない環境で、重機が入れる施工箇所で実施します。
街中で電線などがある場合や、道路脇で法面の場合などは、クレーン車と高所作業車を使って伐採します。
伐採した木は、クレーンで吊上げて、安全な場所に少しづつ下ろしていきます。
クレーン車を使用する費用が追加されます。
P3100020
P3100029



チェーンソー伐採

空師による伐採


立木を倒すことができない環境で、重機も入れない施工箇所で実施します。
空師(そらし)とは、地上数十mで巨木に登り、幹や枝をきり出す職人です。
木に登ってロープをかけて、少しづつ少しづつ伐り下ろします。
これこそ、命に係わる職人技。
P9031258
P9031260



その場所・条件にあわせた方法で、安全、確実に伐採します。
このように環境や状況は様々なので、お見積りは現場を確認してからでないと確定できません。
倒木などは、緊急な場合もあるかと思います。お気軽にご相談ください。